上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ポチっとお願いします(^^)
※前置※
 専ら写真を掲載するつもりでしたが、この度の大震災を受けて
 これから私たちがするべきこと、変わっていかなければならないこと等
 今まで漠然と考えていたことを発信してみようと思いました。

 あくまで個人の考えであり、皆様のお気持ちをご不快にすることもあるかもしれません。

 日本も世界もみんなが幸せに生きられますように。







今年のはじめ、突然会社を辞めてバングラデシュに行った友人の話。

バングラデシュに行った当初から驚いていたのは電気事情で、
しょっちゅう停電するのだという。

停電に慣れない彼女が電灯の方に目をやっていると、
「よくあることよ!」
と一喝されてしまうらしい。

日本の輪番停電による混乱を思うと、なんとも頼もしい。



私の仕事は、企業などの組織内ネットワークを構築、運用すること。
世の中では"SE"とかなんとかって言うやつです。


サーバがシステムを管理していて、データも蓄積されている。
もしものためにバックアップ用のサーバも常に動いている。

万が一停電しても良いように、UPSとかも付いている。

たぶんこれがスタンダードな姿。

でも今回の事態で、仕事が全くできない事態に至ったケースが少なくない。
サーバが停止したら、メールもWebもコンピュータ上の処理も何もできないから。

UPSも停電した場合に安全にシステムを停止するための機械なんだと。
だから通常は15分くらいしかもたない。
数時間もつUPSも存在するけど、高価なものだから重要な部分にしか使われない。

サーバのバックアップだって、同じ場所に置いてあったら、
今回みたいに壊滅状態になったら何の意味もない。

きっと確実なのは、ニューヨークとかロンドンとか、絶対地震がないような
場所と念のためもう一カ所とか・・・ネットワークの配線も二刀流みたいな。
そこまでしなきゃ「万が一」はあるってことだね。

これからいろいろ言われるんだろうな・・・


IT業界にいるから、いろんなものの電子化だとか、システム化だとか
効率化だとか、一元化だとか、見える化だとか・・・
なんだかもっともらしいことばかり言っている。
(実際それで便利になることも多いんだけど)

私自身、企業、病院、自治体、学校・・・いろんなところに関わった。


でも生命や地球に危険をおかしてまで、
一生懸命やらなきゃいけないことなんだろうか。

経済、産業、人口、、、地球には抱えきれないほど大きく成長しすぎた。



 <参考>

 バングラデシュとは
  http://ja.wikipedia.org/wiki/バングラデシュ

 世界のエネルギー生産量
  http://www.acci.or.jp/energy/energy/en01/en01.html

 ITの電力問題
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070309/264364/


スポンサーサイト
↓ポチっとお願いします(^^)
Secret

TrackBackURL
→http://kojiphoto.blog88.fc2.com/tb.php/82-c3f0ad55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。